HOMEの中のサービスのご案内の中の光触媒とは?

光触媒とは?

弊社がお取り扱いする商品、光触媒コーティングの持つ「光触媒」効果についてご説明いたします。

光触媒の原理

光触媒の原理

光触媒の原理は、植物が行う「光合成」に良く似ています。
「光合成」が葉緑素を触媒として二酸化炭素と水から酸素を作るように、光触媒二酸化チタンコート剤に紫外線が当たることで、水と非常になじみが良い「親水性状態」になると共に、強力な分解力を持つ「活性酸素」を発生させます。
これによりセルフクリーニング効果と、有害物質汚染浄化作用を発現します。ですから外装、内装にコーティングするととても効果的なのです。

光触媒の防汚メカニズム

光触媒の防汚メカニズム

晴天時に太陽の紫外線を吸収して親水性の働きが生まれ、雨によりセルフクリーニング効果を発揮し、外壁の汚れを軽減します。汚れの下に雨水が滑り込み、汚れを削ぎ取るようなイメージです。外装に応用されています。

壁に付着した汚れの分解メカニズム

壁に付着した汚れの分解メカニズム

晴天時に太陽の紫外線を吸収し、活性酸素を発生させることにより、排気ガスの汚れや室内のシックハウス症候群の原因ともされる、ホルムアルデヒド・アセドアルデヒド・トルエン・アンモニアや大腸菌などに代表される有害な菌やウィルスを分解します。外装・内装に応用されています。